2017年12月17日日曜日

体と気持ち

クリスマスに年末年始が近付いて来ておりなにやら慌ただしい雰囲気になっていますが、そんな雰囲気結構好きなんです。街はクリスマスムードで普段子供には厳しい親御さんもこういう時期は財布の紐も緩くなるでしょうし、年末を迎えると気持ち的にゴールに到着したような感じになり、本当に「お疲れ様」という気持ちになります。

365日という周期を作った人は誰か知りませんが、そういう区切りを作ったことは素晴らしいと思います。もし仮にそういう区切りもなくただ日が過ぎていくなら心が休まる気がしません。今の周期に慣れているのでそう思う部分もあるとは思うのですが、やっぱり区切りがあるということは気持ち的に凄く大切です。

それを細かくすると1ヶ月、1週間に細分化できますがサラリーマンとして仕事をしている以上、月~金を平日、土・日を休日という感覚が抜けません。本当は何れの日も24時間で曜日というのは概念でしか無いはずなのですが、その周期でずーっと生活をしていると月~金の緊張感が土日で解れる感じがします。その土日で平日5日の疲れを癒やさないといけないので土日の生活はかなり重要になります。
睡眠、食事、家族、運動など平日には十分にできないことを週末にやらないと、何かバランスが崩れてきます。平日は仕事に時間を取られすぎるのでバランスが崩れまくっているので休日でそのバランスを元の形に戻すことを意識しています。

運動も激しい運動ではなく散歩程度でもやったほうが絶対に良いです。最近の寒さを見ると家でゆっくり。。とも思うのですが、ずっと家にいると少し息苦しさを感じます。やっぱりちょっと外に出て散歩して体を動かす、外の空気を吸う。これは体だけでなく精神的にも大切なことだと考えています。
休日は体を休める。と捉えがちなのですが、体だけを考えると平日もそれほど疲れている訳ではありません。激しく体を使う仕事でもないので、実際に体を使うシーンは通勤くらいのものです。それ以上に疲弊しているのは精神のほうではないでしょうか。肉体と精神は車の両輪のようにお互いにとって重要な要素です。どちらかのバランスが崩れると相手の方にも影響します。
なので、休日は体を休める以上に気持ちをリフレッシュすることが本当に大切です。今週は土曜日に買物で外出して、今日は散歩をして気持ち的にもリフレッシュできました。来週以降年末に向けて忙しい日が続きますが、体と気持ちの両方をメンテナンスしながら乗り切っていきます。

仕事も投資も何をするにも基本は健康です。

健康に勝る重要事項はありません。猪木さんがいつもいう「元気があれば何でもできる」これは的を射ている言葉といつも思ってます。その元気とは体と気持ちの両面が整っていないと出てきません。みなさんもインフルエンザが流行っておりますが、両面のスタミナを意識してバランスを取るように気を付けて年を越しましょう!

では、また。

0 件のコメント:

コメントを投稿