2017年11月9日木曜日

信用取引の難しさ

今日の日経平均はかなり難しい相場となりましたね。午前は400円を越すほど程度上がった後、午後には-400円近くなったりと値幅がもの凄いことになってました。こういう値幅が大きいことを「ボラティリティが大きい」といいます。あ、もうそんなことはご存知ですよね。すんません(笑)

昨日はネタ切れを示唆することを書いてて、それは本当のことなのですが今日みたいな値幅が大きい日と、昨日書いた信用取引のことを合せて考えるにはちょうど良いと思ったので、「信用取引の難しさ」について考えていきます。

僕は信用取引ができる口座は持ってるのですが一切使ってません。なぜなら退場するリスクを下げるためです。信用取引が難しいと感じているのは空売りによって投資が複雑になるのとレバレッジがあるからです。

「いやいや、使わんかったらエエやん」

そりゃそうなのですが、武器として持っているものがあれば使いたくなるのが心情というものです。レバレッジを掛けて利益を得られたら絶対にもっとレバレッジを掛けていくやろうし、空売りで儲けられれば今みたいな上昇相場の時にプロみたいな顔して空売りを仕掛けているかもしれません。
株というのは自分の欲との戦いでもあります。欲深ければその先は退場が待っていますので、僕のルールとして信用取引はしない。ことを鉄の掟としています。レバレッジも欲を刺激するツールなのですが、空売りもまた欲を刺激してきます。特に今日みたいな値幅が大きい時にはそれがリスクとして顔を出してきます。

例えば昨日の夜に空売りを仕掛けて、今日の午前の値上りで損切り。で、「まだ上がるやろ!」と買いに出た途端、値下がりでまた損切り。で、「やっぱり空売りが正解やったんや!」と空売りをした途端、引けに向けて値上りで損切り。(´;ω;`)ブワッ
今日の相場では実際こんな感じで往復ビンタどころか「シバき回された」人もいたことでしょう。今日はサーフィンの聖地・ノースショアでプロが乗る波を、サーフィンを初めて数カ月の素人が乗ったらどうなるか?が如実に出るような相場だったといえます。敏腕トレーダーには面白くて仕方のない相場だったでしょうけど、素人は下手すりゃ一発退場を食らうような相場でした。

もう一つ僕が信用取引をしない理由が「投資をシンプルに」を心掛けているからです。

投資とは「上昇相場での買い、売り」「下落相場での買い、売り」の4パターンで構成されます。信用取引は空売りができるので「上昇相場での売り」「下落相場での売り」の両方可能ですが、現物はどちらの局面でも「買い」からしか入れません。
これって結構重要と思っていて、現物の人は買いのタイミングを狙うだけに対して、信用取引で空売りもする人は売りのタイミングも狙っている人がほとんどです。
選択肢が多いほど勝てる確率が高くなると思われがちなのですが、実は逆で選択肢が多いほど「迷い」が出ることからミスが増えるんですよね。なので今日の相場みたいな値幅が大きい時に「シバき回される」現象が発生するのです。

もし現物で買いしか手段がなければ、昨日の夜に買って昼過ぎの下落時に売っても利益は出ますし、下げたタイミングで損切りしなければ惨敗もありません。しかも現物は追証がないのでいくらでも「待つ」ことができます。
投資の大原則は「安く買って高く売る」これだけなのですが、空売りを混ぜることでその逆も意識しないといけなくなるので、僕にとっては余計な存在なのです。資金効率は悪くなるかもしれませんが、簡単にできることを難しくして勝率を下げるよりよっぽどマシです。

今日の相場は色々と書きやすかったので信用取引について考えを書きましたが、違う目線で見ると「信用取引を使いこなせない」だけの妬みにも見えますね(笑)それも正解です。実際に使いこなせません。。。空売りやレバレッジを最大限に活かして凄い利益を出している方も多数いらっしゃいますし、デイトレーダーで相場に残り続けている人は「すごいな~」というのが正直な感想です。

でも、自分にあった方法が一番良い結果が出ると思います。周りに惑わされず自分に合った方法で投資を続けましょう。

では、また。

0 件のコメント:

コメントを投稿