2018年1月4日木曜日

大発会

遅くなりましたがあけましておめでとうございます。2018年が始まりましたね。大阪に里帰りしてたのですが雪がチラついたりと結構寒かったです。実家では思う存分食っちゃ寝を繰り返し、しっかりと脂肪を付けて帰ってきました(笑)

さて、今日は大発会。今年の相場が始まりました。朝見た時には560円くらい上がってたので「今年のスタートは凄いな!」って思ってて、自宅到着後の終値を見ると+741.39と爆上げと言っても良いくらいの上げで終わりました。
今日の反動で明日は下げそうな気もするのですが、一年の始まりとしては気持ちのいいスタートとなりました。

今年の考え方としては去年と同じく「無理はしない」保守的な投資をすることになりそうです。やっぱり23,000円は高値圏に感じます。新聞とかネット上の記事では30,000円を超すとの景気のいい記事も見かけるのですが、やっぱり下げた時の影響を考えてしまいます。
そりゃ上がり続けてくれることが望ましいですが、そんなに良いことが続くとは思えませんし、上がる時に買ってなくてもマイナスになることはありません。それよりも暴落相場が訪れた時にポジションが大きいと大損害を受けてしまいます。そのリスクを避けるほうが大切です。
去年も同じ考えで日経平均よりも下回る結果となりましたが、それでも資産を増やすことができましたし損することなく追われたので結構満足しております。

東京オリンピックまでは好景気が続く可能性もありますし、安倍首相が総理をしている間はGPIFの買いも継続するでしょうから外的要因がない限りは相場が崩れることはないかも知れません。そういう意味では今年の総裁選で安倍首相が変わった時は相場の転換点になるかもしれませんね。
今のところは安倍首相の再選が濃厚と言われておりますが、こればっかりは結果を見ないと何とも言えません。

北朝鮮のリスクは相変わらず存在してますし、トランプ大統領もいつどうなるか不明です。ま、そんな感じで今年も守りを意識しながらチャンスがあれば参加するヒット・アンド・アウェイ投資を繰り返していきます。

またお薦めの銘柄や、面白い話があれば教えていただければ幸いです。

今年もよろしくお願いします。

では、また。

2017年12月30日土曜日

大納会!!

いや~。。。本当にお久し振りです。毎日から毎週になり、いよいよ毎週すら書けない状態となってしまってました。楽しみにしてくれていた方(いらっしゃったら)すみませんでした。
今日は大納会ということで絶対に書きたいと思い、キーを叩いております。

大納会なので今年の成績をざっと振り返ってみます。
1月4日の大発会の株価は「19,298.68円」でスタートしました。去年の段階でも高いと思ってましたしアメリカの大統領はトランプやし。という理由とドイツ銀行などの欧州銀行の破綻懸念もあって2017年は暴落の始めの年になる可能性がある。と睨んでました。
ですが、北朝鮮問題などがあったにも関わらず株価は力強く上昇を続け、本日の大納会で「22,764.94円」でフィニッシュを決めました。
2017年の上昇率は17.96%という結果となり、僕の予想は見事に外れたという結果となりました。元から僕の予想は当たらないと分かっているので、それほど気にしていないのですが、それよりも日経平均が23,000円を超えるところまで上昇することが驚きました。

僕はバブルは経験していないので日経平均が20,000円を超えるなんか都市伝説と思ってたのですが、東京オリンピックも控えているせいか20,000円超えを見れて嬉しい気持ちと、その流れに乗り切れなかった悔しい気持ちの両方が存在しています。

そんな中自分の成績はと言うと今年の年初から今日までで13%のプラスとなりました。個別銘柄で言うと、やはりユーザベースがかなり貢献してくれています。年に2回株式分割をする銘柄に出会えるとは思っても見ませんでした。年初に保有していた株数が年末に4倍になっているという状態なので、来年も分割すると指数関数的に株数が増えていきます。逆に売りどころに悩むような贅沢な状態です。
その他はスタートトゥデイにもお世話になりました。会社名で聞くと聞き慣れない方もいらっしゃると思いますが、ZOZOTOWNを運営している会社と言えば知らない人は少ないと思います。
スタートトゥデイも数回売り買いさせていただき、しっかりと利益貢献をしてくれました。やっぱり業績好調の会社は基本的に上昇するので、一時的な値下がりは狙い目になりますし、そのまま暴落局面になっても安心して買い下がりを続けることができます。
そしてその後はバフェット師匠がおっしゃるとおりで「株価は業績に収斂する」の原則のとおり上昇気流に乗り始めます。

今年は年初から天井近しと見て「休むも相場」やな。と思い込んでいたので積極的に投資をしなかった年なので、その中でも13%利益を出せたのは自分の中では満足しています。日経平均の上昇率に比べて劣っているのは残念ではありますが、それも自分で判断して取った行動の結果やし、深追いして損切りするよりは全然悪くない結果だと思っています。

最後に現在持っている銘柄も紹介しておきます。

  • ユーザベース
  • じげん
  • 大林組
  • ソフトバンク
以上の4社です。大林組とソフトバンクは若干のマイナスですが、ユーザベース、じげんが大幅プラスなのでトータルでもプラスで推移しています。来年はまたどうなるか全く分かりませんし、年初の新聞でアナリストが予想するのを鼻で笑いながら正月を過ごそうと思います。

今年は途中から更新が滞りましたが、来年も今年同様マイペースに続けていきます。
みなさまも年末年始、慌ただしいと思いますが健康には十分に気を付けていただき、また年明けの大発会の日にBlogでお会いできればと思っております。

それでは、お手を拝借。。。よぉ~お、パパパンパパパンパパパン・パン(✕3)

また来年よろしく願いします。良いお年を。
では、また。

2017年12月17日日曜日

体と気持ち

クリスマスに年末年始が近付いて来ておりなにやら慌ただしい雰囲気になっていますが、そんな雰囲気結構好きなんです。街はクリスマスムードで普段子供には厳しい親御さんもこういう時期は財布の紐も緩くなるでしょうし、年末を迎えると気持ち的にゴールに到着したような感じになり、本当に「お疲れ様」という気持ちになります。

365日という周期を作った人は誰か知りませんが、そういう区切りを作ったことは素晴らしいと思います。もし仮にそういう区切りもなくただ日が過ぎていくなら心が休まる気がしません。今の周期に慣れているのでそう思う部分もあるとは思うのですが、やっぱり区切りがあるということは気持ち的に凄く大切です。

それを細かくすると1ヶ月、1週間に細分化できますがサラリーマンとして仕事をしている以上、月~金を平日、土・日を休日という感覚が抜けません。本当は何れの日も24時間で曜日というのは概念でしか無いはずなのですが、その周期でずーっと生活をしていると月~金の緊張感が土日で解れる感じがします。その土日で平日5日の疲れを癒やさないといけないので土日の生活はかなり重要になります。
睡眠、食事、家族、運動など平日には十分にできないことを週末にやらないと、何かバランスが崩れてきます。平日は仕事に時間を取られすぎるのでバランスが崩れまくっているので休日でそのバランスを元の形に戻すことを意識しています。

運動も激しい運動ではなく散歩程度でもやったほうが絶対に良いです。最近の寒さを見ると家でゆっくり。。とも思うのですが、ずっと家にいると少し息苦しさを感じます。やっぱりちょっと外に出て散歩して体を動かす、外の空気を吸う。これは体だけでなく精神的にも大切なことだと考えています。
休日は体を休める。と捉えがちなのですが、体だけを考えると平日もそれほど疲れている訳ではありません。激しく体を使う仕事でもないので、実際に体を使うシーンは通勤くらいのものです。それ以上に疲弊しているのは精神のほうではないでしょうか。肉体と精神は車の両輪のようにお互いにとって重要な要素です。どちらかのバランスが崩れると相手の方にも影響します。
なので、休日は体を休める以上に気持ちをリフレッシュすることが本当に大切です。今週は土曜日に買物で外出して、今日は散歩をして気持ち的にもリフレッシュできました。来週以降年末に向けて忙しい日が続きますが、体と気持ちの両方をメンテナンスしながら乗り切っていきます。

仕事も投資も何をするにも基本は健康です。

健康に勝る重要事項はありません。猪木さんがいつもいう「元気があれば何でもできる」これは的を射ている言葉といつも思ってます。その元気とは体と気持ちの両面が整っていないと出てきません。みなさんもインフルエンザが流行っておりますが、両面のスタミナを意識してバランスを取るように気を付けて年を越しましょう!

では、また。

今週は色々と動きました。

いつもの週末Blogの時間がやってきました。今までは毎日書いていたのを忙しいことを理由に週末だけにしてますが、動きのない週は各頻度が落ちたと言っても書くテーマに悩まされます。いつものように「休むも相場」ばかり言うてても飽きられますしね。

そんな中今週はちょっと動きを取りました。その内容ですが新たに2社購入をしました。両方共話題の企業で、一つは大林組、もう一つはソフトバンクです。
まず、大林組ですがリニア新幹線の入札談合問題で取り上げられてかなり値が落ちております。確かに談合は悪いことなのですが今から工事会社を変更される可能性はないと思いますし、何よりも建設業界は今かなりの好景気です。この問題が尾を引くと厄介なことになりますが、いずれ持ち直して再び上昇すると思っています。
若干のスケベ心もありながらの投資ですが、現実問題で考えると談合を本当になくして入札額だけで工事業者を決めると実績のない企業が受注する可能性もありますし、同じく入札に参加していた鹿島とかから訴えが出ていないことを考えると持ちつ持たれつのデキレースなのでしょう。
それがいけないことと言うのは100%理解するのですが、ある種必要悪にも思えます。建設業界だけでなく色々な業界でこういったことはあることだと思ってます。

次にソフトバンクですがこちらは楽天の携帯事業参入により株価が下がったところを狙いました。もちろん楽天の参入でソフトバンクの収益が落ちる可能性もありますが、それの可能性が現実となるのは当分先になるでしょう。まだ楽天の携帯事業の戦略が見えないのですが、単独で基地局を立ててエリアをカバーしていくようなことをやるのでしょうか。ソフトバンクですらボーダフォンを買収という形で一気に顧客と基地局を手に入れたのですが、楽天はどういった手を打ってくるのでしょうかね。
単純に楽天ポイントとかカードとかとの連携強化をしたところで、肝心の通信の品質が良くないとまったく役に立ちません。設備投資のために6,000億準備しているという情報もありますが、なおさらリスクが高いと感じます。今後の動きには注視が必要なのですが今後の動きという意味ではソフトバンクのほうが上手です。そういう意味でソフトバンクを再度購入しました。

大林組、ソフトバンク両方との今後が楽しみです。
大林組はちょっと時間がかかるかも知れませんが結構ワクワクしてます。特にオリンピックというビッグイベントが控えているので建設業界はまだまだ元気に活躍していただけるでしょう。
ソフトバンクは今年売り買いをおこない利益をいただいているのですが、今年2回目の購入となります。こちらに関してはまーったく心配していなくてむしろ良い買い場が訪れたという感じです。僕は孫さんを本当に凄い経営者だと思っておりまして、今から参入する楽天に足元を掬われることはないと考えています。それよりも携帯事業からAI、IoT事業にしっかりと投資をしておりソフトバンクを江戸幕府のように300年続く企業としたいと仰っていることを実現するために着実に先手を打っていることに好感を抱いております。

今年はもう買うことはないかな。と思っていたのですがココに来て2銘柄も投資をするとは思いませんでした。でも投資をするとやっぱりワクワクしますし毎日が楽しみです。
あと、僕の保有銘柄であるユーザベースも年末で1:2の株式分割を行うようです。これで2回目の分割。僕の保有株数は購入時の4倍となっておりある意味配当をもらうよりも嬉しい状態です。ここも着実に成長を続けておりますのでまだまだ持ち続ける予定です。いつ売るか難しいところですが、それを考えるのも投資の醍醐味ですよね。

大納会まであと2週間程度。まだどんなイベントが起こるか分かりませんが、チャンスがあればどんどん参加したいと思います。

やっぱり投資は楽しい。

では、また。