2017年11月21日火曜日

マザーズ復活の兆し?

今日は仕事で一つの方向性が出ました。実現するためには相当苦労することが想定されますが、大きな仕事なのでやり遂げたい気持ちです。今のところまだゴールまでの道筋がハッキリと見ていている訳ではないですが、ポイント、ポイントでの問題点を常に洗い出して細切れで対処していくことで前進させていきたいです。明日もやるぞ~!

--
昨日、今日とマザーズが上がってくれたのでホッとしてます。ユーザベースですが10月末のタイミングに比べるとまだまだ下がっている状態なので、まずは3,000円復帰を目指して着実に前進していただきたいところです。
毎日上がって3,000円をクリアしてくれると嬉しいのですが、一気に上ると一気に下がる気がして若干不安を感じるんです。毎日上げなくてもいいので、上げ幅>下げ幅で週や月単位で上昇していくことが望ましいです。

じげんも同じくなのですがこちらは株式分割が控えているので、年末にかけて少しずつ上っていくかもしれません。分割前でもある程度の利益率が達成できれば売却する予定にしています。元々株の持ち数も少ないので、上昇率が高くても利益は知れています。なので気軽に考えています。

今の相場環境が高値圏だというのはずっと書き続けていますが、その中でもマザーズのほうが買いたい銘柄があります。ITベンチャー企業はだいたいマザーズに上場するのでそういった銘柄のほうが東証に上場している銘柄よりも将来性を感じます。玉石混交なので一概には言えませんが、IT企業は利益率が本当に素晴らしいんです。工場や在庫等を持つビジネスではないのでBSが軽いんですよね。あとビジネスがシンプルなので社内のシステムも複雑なのは不要で、社内システム開発費用もお安く済んでいるのでは?と想像しています。

もしかすると本当にfreeeで月次決算や本決算をしている企業があってもおかしくないと思います。それくらいIT企業というのは会計がシンプルだと思います。社内システムが複雑になるのは最終的に全て会計に繋げる必要があるので、色々と複雑な入力やシステムが必要となります。業務自体がシンプルなら複雑な仕組みは不要なので、その分の社内コストは安く抑えられます。そういう意味でもIT企業は今後飛躍しやすい環境にあると思ってます。

その分競争相手も多いですがパイはまだまだ大きいと思いますので、今後も色々な業種に対してITでアプローチする企業が登場することでしょう。もしかすると製造業の分野にもITでアプローチする企業が登場するかもしれません。
Google等の自動運転も若干その感じがありますが、あれはまだ製造業のフィールドです。でも完全に自動運転になると環境が一変して、パソコンと同じくIT企業主導の製品になっていく可能性があります。

東証の中にも成長企業は潜んでいると思いますが、成長株を探すならマザーズを覗いてい見るほうが見付けやすいと思います。

マザーズを見たことない人は一度いかがでしょうか。

では、また。

専業への道

今日も月曜日から長時間労働でした。愚痴になってしまうんですが上司の決断が遅いのでかなり苦労してます。打ち合わせの時に自分の分かる部分はサッと答えてくれるし、方向性も出してくれるので非常にありがたいのですが、その上への報告についてかなり渋ってるんですよね。さっさと報告を上げないとヤバイ状態が改善されないどころか、もっとヤバくなるだけやのにどうしようというのか。困ったもんです。

--
このBlogはサラリーマンと投資家の兼業投資家としての立場から色々と書いてきましたが、やっぱり専業への憧れはあります。専業が羨ましいのは時間が自由であること。すべてを自分で決められること。この2点が本当に羨ましく見えます。

「いやいや、それだけの理由で専業になるのは甘いで~」

と言われることは当然ですよね。だって給料という定期収入がなくなるので、どのような相場でも利益を出さないと生活ができませんから。だから専業の人はトレーダーが多いんでしょうね。僕もはじめに比べればかなり保有期間が短くはなってきているのですが、トレーダーみたいに売り買いを頻繁に繰り返すような手法はできそうにないんですよね。
一度平日が休みの時にトレーダーのような売り買いを試してみようと挑戦したのですが、インすらできませんでした…。その時に「やっぱりトレードは向いてないなぁ」と感じました。

トレーダーの人は日銭を稼ぐことができるのですが、それ以外の人で専業の方はどうやって生活をしているのでしょうか?専業なので短時間でもアルバイトはなしです。となると、桐谷さんみたいに株主優待か、配当収入か。もし配当収入で生活をしている人がいれば本当に凄いですよね。
単純計算で配当利回りが3%の銘柄でも1億円分で300万円(税引前)です。都会で生活するならそれを元に考えると原資が1.5億円以上ないと配当での生活は難しいでしょう。仙人のように生活をすれば1億円も原資がなくても配当金生活ができるかもしれませんが、それは普通に考えるとかなりハードルが高いです。

日本よりも配当利回りの高い米国株も選択肢に入るかも知れませんが、それには為替のリスクが発生するので額面どおりの収入にはならないでしょう。それでも日本よりは良いので配当金生活をしている方は「(原資1億円以上*米国株)+節約生活+(年金)」といった感じなのでしょうかね。
でもTVで有名な桐谷さんの生活も見過ごすわけにはいきませんよね。桐谷さんみたいに優待株を集めれば家賃、光熱費以外の支出はほぼ不要になりますから生活コストが劇的に下がります。すると1億円程度でも配当金と優待で生活が可能かも知れませんね。

米国株は株主優待はないので、国内株だけの運用となりますがそれを考慮すると以下の考え方になります。

(原資1億円*株主優待)+(原資1億円*配当)+節約生活+(年金)

やっぱり原資は1億円以上ないと隠居はできないでしょう。よっぽど生活コストの安い田舎か物価の安い海外なら別ですが。。。田舎なら上の式に「農業」を加わえてもいいですね。自分たちが食べる分だけ作れればそれで良いですし、それならハードルを低くできそうです。

タイトルを「専業への道」としたのに最後は「専業」ではなく、ただ会社から脱出したい思いだけの内容になってしまいましたね(笑)ま、でも今の会社は比較的不満は少ないのですぐに辞めることはないですが、将来のことを考えれば今からでも準備はしておきたいですね。いつまでも会社に頼らずに自分で生活を築いていきたいです。
今は兼業ですが兼業にこだわっているわけでもないので、色々とやりかたを試してみて独立できそうならチャレンジしていみたい思いでいます。

もし専業の方で「こんなやり方もあるで~」ってのがありましたら教えていただきたいです。コメントを楽しみにしております!!

では、また。

2017年11月19日日曜日

お金について考える~使い方編~

昨日早く寝たお陰で今日は結構体調が戻りました。でも油断するとまたぶり返しそうなので調子に乗らないように気を付けます。それにしても最近は本当に寒くなりましたね。毎日のお風呂が楽しみでなりません。体が冷えている状態で入る風呂はホンマに至福ですよね。何か一気に解凍されるような気持ちになります。

以前お金について「価格と価値」について書きましたが今日はそれを踏まえて「使い方」について考えていきます。お金の使い方。ホンマに大きなテーマですよね。偉そうにお金の使い方をテーマに書きますが、僕も使い方かなり下手くそなんですよね。自戒の念も込めて書きたいと思ってます。

僕が思うお金を使うべきものは、「健康」と「人」です。これはケチるべきではないですね。まずは健康ですがこれは言うまでもないですよね。自分の健康に関することは全てにおいて最優先として使うべきです。でも健康というと病院とか薬と思われがちですが、これには体づくりも含むべきです。それと病院といっても病気をしてから通うのではなく、予防に注力することが本当に大切です。

こんなことを言うてる自分ですが、僕もそれがまだできてません。今年なんか20数年ぶりに歯医者に行って5ヶ月くらい治療に時間が掛かりましたし、とても偉そうに言える立場ではないのですが、逆にそれを経験してこれからは予防に使おうとさらに思うようになりました。
歯医者だけでなく、会社で受診する健康診断でもしっかり見てもらえるようにオプション付けることもありですよね。それ以外には僕はやってませんがサプリメントもその内に入るかも知れません。睡眠を長く取らないとダメな人は、家事を時短するための道具やアウトソースに使うのも遠巻きで健康に投資をしているともいえます。

そういった感じでまずは「健康」。これが全ての基本です。健康は内面からといいますが、本当にそのとおりで内臓→肉体→(健康に関係ないけど)服装の順番にお金を掛けるべきだと思ってます。
肉体にも投資をしないと健康に影響を及ぼすので、運動を中心とした投資をするべきです。(僕はできてませんが)理想はジムに行ってトレーナーを付けて。となるのでしょうけどサラリーマンにはそんな時間がないので、日常の通勤で歩く時間を増やしたりというのが現実的です。でもそこからでも意識していくことが大切です。

次に「人」です。
これは家族、友達、大切な人全てを意味してます。人にお金を使う=おごる。という使い方だけではなく、会いに行くこともそうですしプレゼントを渡すこともその内に入ります。人は1人では生きられないので自分だけ良ければ良い。ということではなく身近な人から少しずつ、輪を大切にしていくことにお金を使うことが大切だと思います。
僕は人にお金を使うと結構気持ちよくなります。金額の多寡ではなくデザートを買って帰るだけでも相手が喜んでくれるので、何かこっちまで嬉しくなるんですよね。そういう気持ちになれることにお金を使うことはいいことですよね。

僕は貧乏性なのでお金を使うことが本当にヘタなんです。大きな買い物も「贅沢ちゃうか?」ってすぐに思ってしまうし、服が傷んでても普通に着れます。大きな買い物をする前には徹底的に調べて「よし、買う!」って思えるまで買えないんですよね…。
でもモノに対してはそうなんですが、「健康」と「人」にはしっかりと使おうと決めてます。これをケチってしまうとホンマに何のために仕事や株をやってるのか分からなくなってしまう。自分の買い物ももっと上手くできるようになりたいですけどね。でも、それはボチボチで良いかなと。

世の中では「投資=金融商品」と思われがちですが、「健康」や「人」に対してお金を使うことも立派な投資です。誰にでも言えることは「体が資本」であり「人は1人では生きられない」ということです。なのでまずはそこへの投資をしっかりして、金融商品を売買できるように基盤を作っておきましょう。

では、また。


2017年11月18日土曜日

風邪ひいたかも…

今朝から鼻水が止まらず、ぼーっとするんですよね。。。
最近の忙しさと急激な気温変化に付いて行けていないかもしれません。困った。ということで今日は早く休むことにします。

投資も仕事も何もかもまずは「体が資本」です。調子が良くない時に頑張ることはできません。そういうときは「休むも相場」です(笑)最近は休むも相場ばかりですが、そういうリズムなんでしょう。人生にはリズムがあるような気がします。そのリズムに逆らうとなんか上手く行かないんですよね。
いくら規則正しい生活をしてても調子が悪くなる時があるし、何も意識してなくても順調に流れることもある。これって自分の意志外で何か働いているとしか思えません。で、こういうときは流れに身を任せるほうが順調に流れるんですよね。

今日はそれが良くない方に出てる。逆に考えると「休みを取りなさい」と人生からの暗示なのかも知れません。

今日はもう寝ます。おやすみなさい。

では、また。

週末の嬉しいな~

毎日厳しい経済社会で汗水垂らして頑張っている皆様。お疲れ様です。ようやく金曜日ですね!土日が仕事の方もいらっしゃると思いますが、一応一般的には休み前ですね。一昔前の言葉なら「花金」とでも呼びましょうか。やっぱり金曜日は気持ちもリラックスしてゆったりした気分になれます。ビールを飲みながらBlogを書いているのですが、ホンマにリラックスして心地の良い時間です。

今週の持ち株の推移は散々でした。

仕方のないことなので当分無視しておこうと考えています。もし自分の買値以下に下がれば追加で購入します。ありがたいことに仕事のほうが忙しく日中は株価を見る余裕はありません。なので下がってても結果しか見ていないので、精神に対する影響は限定的です。この忙しい状況は当分続きそうなので、ちょっと相場から離れる時間が増えそうな状況です。

「休むも相場」という格言がありますがある意味その状況ですね。また潮目が変わってガンガン上がれば嬉しいのですが、好決算とともに着実に成長していただきたいのが本音です。経験上、一気に上がった銘柄は一気に下がりやすいので、ジワジワ気付いたら下値を切り上げてる。といった感じで成長していただければ良いかと考えてます。
その為にはしっかりと業績を上げていくこと。それが一番大切です。日々の株価も大切ですがそれを支えるのは業績です。なので経営陣にはしっかりと業績を上げる施策を打っていっていただきたいです。

そういえば最近自分の投資判断に気付いた部分がありました。
ファンダメンタルズとか将来性とかも当然見ているし考えているのですが、それに加えて「優秀な人材がいるか?」を意識しています。実際はその会社で働いているわけではないのでわかりませんが、ネット上の情報などで高学歴や他社の実績者を積極的に採用している企業に投資をすることが多いです。
結局企業を作るのは「人」なので優秀な人材がいる企業が結局は勝ち残ります。それに自分では到底入社も出来ないような企業でも株は買うことが出来る。僕は社内SEの仕事をしているのですが、優秀なITエンジニアを抱える企業は結構見てますね。自分がその企業に入社することはできないので、株を買うことでその会社の人達の一員になることはできます。そういった感覚を持って判断していることに最近気付きました。

明日、明後日としっかり休んでまた来週仕事に投資に頑張っていきます。

では、また。